OISTでのインターンシップを体験しました!

2012年4月25日

こんにちは!
IT frogs3期生の兼城駿一郎です!

今日は、私と日熊悠太(同じく3期生)が取り組んできたインターンシップについてご報告致します!

僕たちは、2月20日から3月30日まで、沖縄科学技術大学院大学(OIST)で長期インターンシップに取り組んできました。
OISTは、今年の10月に第1期生を受け入れるという、本当に新しい大学です。
OIST
ここには世界中からノーベル賞級の博士が集まっており、最先端でグローバルな研究に取り組んでいる素晴らしい研究・教育機関です!
昨年IT frogs3期の取り組みとして訪問をした際、「IT frogsのメンバーならインターンシップとして受け入れる」というありがたい申し出があり、その結果、私と日熊が1月半もの長期インターンシップを経験させて頂くこととなりました。
なんと、OIST初の学生インターンシップ受け入れとのことです。
それほどIT frogsの取り組みを評価して下さっているというのはありがたいですね!




インターンシップとして受け入れて下さったのは、OISTのインフラや情報を管理しているIT Sectionという部署でした。
ドイツ人のDr.Wachsmannさんを中心として、Timさんや金城さんといったインフラのプロフェッショナル達に指導して頂きながら、実際にOISTで使われているネットワークの管理・改良に携われた1月半は本当に刺激的でした!
DSC_8376
具体的には、OISTで使われている複数のデータベースシステムを統合し、新たな管理インターフェイスを作成する、というかなりの専門性を必要とされる業務に携わることができました。

本当はもっと初心者でも楽しめるようにレクチャー的なカリキュラムを考えて下さっていたようですが、僕達の技術力を評価して下さり、業務に混ぜて下さりました。
OISTのインフラ面を大きく改良することができるプロジェクトに、メンバーとして混ぜていただいたのは本当に光栄です。

業務はかなり大変で、下の写真のようなデスクになってしまいましたが(笑)
インターンシップ中のデスク
また、インターンシップ中に行われていた職員向け英会話教室や、学者向けセミナーにも招待して頂き、普段では決してできない様な経験をさせて頂きました。
日常的に、世界レベルの博士とディスカッションをしたり、ラボを見学させて頂いたのは忘れることのできない思い出です。

さらに、インターンシップ中にOIST広報の方がインタビューに来て下さり、その内容がOISTの公式サイトに載りました!
実社会での経験を積む:ITインターン生がOISTに
Getting Trained in the Real World: OIST Welcomes Two IT Interns

最終日にはカフェテリアの一角で、インターンシップ活動報告会を開かせて下さり、その場には約20名もの方が視聴に集まりました!
中には沖縄タイムスの記者さんもいて、インターンシップの内容や学んだこと、そしてIT frogsについて熱心にインタビューをして下さいました。
その結果、4月12日の沖縄タイムス朝刊に、私たちのインターンシップについて記事が載りました!

IT frogsの取り組みが、OISTでのインターンシップへと繋がり、
そこでの活動が公式サイトや新聞の記事としてアウトプットされる、
という素晴らしい流れとなったのは、本当に嬉しいです!

そんな素晴らしいOISTですが、最近、学校説明会やオープンキャンパス、学校見学に積極的なようです。
興味のある方は是非公式サイトから情報へアクセスしてください!
沖縄科学技術大学院大学 公式サイト

そして、こんな素晴らしい経験に繋がる原点となったIT frogsが、第4期への活動に向けて動き出しています!
IT frogs第4期説明会について
IT frogsは参加者の人生をカエル、素晴らしいプログラムです!
少しでも興味のある方は是非説明会へ足をお運びください!